能と落語の競演

12月27日(土)、日本の伝統芸能に触れたくなり、能と落語を同時に味わうことができるイベントに参加してきました。

能は宝生流の能楽師小林晋也さんによるもので、舞うのではなくお一人で何役もこなして謡われる素謡というものでした。

橋弁慶での武蔵坊弁慶と牛若丸の動きを声だけで表現されていて、動作がなくても臨場感溢れるものでした。

落語の方は三遊亭鳳好さんによるもので、おなじみの寿限無に加えて、橋弁慶の解説になるような落語を聞かせていただき、大変楽しい時間でした。

また機会がありましたら参加したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

伝統芸能

りゅうさん、

日本の伝統芸能よいですね。
やっぱりガイド試験の影響ですか?(^^)

私は11月に歌舞伎座に行って歌舞伎を楽しんできました。
今年最大のイベントとなりました(笑)
来年早々には人生初の大相撲を見に行きます。今から楽しみです。

能や文楽なども一度は見に行ってみたいですね。

来年は京都、奈良にも行って歴史や地理で覚えた名所巡りをする
つもりです。(中学の修学旅行以来ですがorz)
関西方面にご実家があるりゅうさんが羨ましいです。

今年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

*ヨガも良いですね。私も通ってるフィットネスでたまにホットヨガとかやってます。汗をかくのって気持ちよいですよね。

Re: 伝統芸能

カメ吉さん

コメントありがとうございます!

試験の影響もたしかにありますね。

歌舞伎に大相撲、素晴らしいですね。

周囲に行く人がいないとなかなか体験する機会がないです。

文楽は高校の社会見学の授業で鑑賞しましたよ。

関西は古い史跡があって、癒されます。

来年もどうぞよろしくお願いします。
プロフィール

りゅう

Author:りゅう
皆さん、こんにちは!
50歳の誕生日を機にブログを始めました。
もともと英語が苦手で嫌いでしたが、転職を機に2007年から3年ほど独学で英語学習を行い、TOEICの自己ベストは785点でした。さらに転職して2年半のブランクの後、2012年10月から英語学習を再開しましたがスコアは680点まで落ちていました。その落ち込みにショックを受けて月100時間は勉強し、2013年1月の公開テストで820点、5月のTOEIC公開テストで905点を取得しました。その後、発信力をつけるため英語学校FORWARDにも通いスピーチの暗唱や英語劇などやりましたが、パズル性とゲーム性のあるTOEICが好きで、TOEICに回帰しています。自己ベストは945点です。そして今はTOEFL学習をきっかけに、自然科学の大学生向けテキストを読み進めています。2016年11月から時事英語学校にも通い始めました。
仕事では全く英語を使いませんが、リーディング中心に英語を使って、様々な知識を蓄え学習し、教養ある人物になることを目指しています。
なお、このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR