読解特急リスニングの効果

ここ1ヶ月くらいですが、Part3、4のリスニング素材に替えて、通勤時間や昼休み中に読解特急シリーズの音声を聴いています。

とりわけ、「読解特急4 ビジネス文書編」を1.5倍速で聴いています。

オリジナル音声を1.5倍速にすると、1分間に200ワード程度になり、このスピードが維持できれば、TOEICのリーディングは余裕になりますし、リスニングにも十分対応できます。

1ヶ月程度継続した効果ですが、読解特急4にある30セットについては、文字を見ず1.5倍速の音声だけでほぼ一言一句聴き取れるようになりました。

リーディングでは初見の文章で1分間に150ワード程度、本番のリスニングでは最近早くなったと言われているPart3、4について若干余裕を持って聴き取れる感じです。

リーディングの文章を早めの音声で聴くのは予想以上の効果があるように思います。

初見の文章で1分間に200ワードが目標ですが、これには時間がかかりそうです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読解特急4

りゅうさん

お疲れ様です。
本日、東京出張の折に浜松町で読解特急4を買って、新幹線の中で解いていました。最初の問題だったのでおそらく150W/Mくらいでした。(換算表換算)

でも、やはりビジネスに近い話のためか、さくさく読めました。
りゅうさんのおっしゃるとおり、しばらくはこれで音声も入れながらL&Rを勉強していきます。

Re: 読解特急4

Harleyさん

コメントありがとうございます。
初見で150W/Mは大したものだと思います。
読解特急4をこなせば、ビジネス文書に関して、少なくとも苦手意識がなくなることでしょう。
音声も活用してくださいね。1.5倍速くらいに慣れると、本番でPart4の音声がしっかり聞き取れるようになります。
プロフィール

りゅう

Author:りゅう
皆さん、こんにちは!
50歳の誕生日を機にブログを始めました。
もともと英語が苦手で嫌いでしたが、転職を機に2007年から3年ほど独学で英語学習を行い、TOEICの自己ベストは785点でした。さらに転職して2年半のブランクの後、2012年10月から英語学習を再開しましたがスコアは680点まで落ちていました。その落ち込みにショックを受けて月100時間は勉強し、2013年1月の公開テストで820点、5月のTOEIC公開テストで905点を取得しました。その後、発信力をつけるため英語学校FORWARDにも通いスピーチの暗唱や英語劇などやりましたが、パズル性とゲーム性のあるTOEICが好きで、TOEICに回帰しています。自己ベストは945点です。そして今はTOEFL学習をきっかけに、自然科学の大学生向けテキストを読み進めています。2016年11月から時事英語学校にも通い始めました。
仕事では全く英語を使いませんが、リーディング中心に英語を使って、様々な知識を蓄え学習し、教養ある人物になることを目指しています。
なお、このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR