日田の咸宜園

博多オフ会の翌日ですが、はじめて休暇(夏休み)を取得して、亡き父の故郷の大分県まで足を延ばしました。

江戸時代の天領「日田」に宿をとり、「咸宜園」跡を訪れました。

咸宜園跡


日本史を学習した人でしたら、広瀬淡窓の私塾「咸宜園」は有名だと思いますが、他に来訪者がいなかったため、中に上がらせていただき、丁寧な解説を聴くことができました。

秋風庵

身分制度の厳しかった江戸時代にも関わらず、学問への志さえあれば、身分、出身地、年齢、これまでの実績を問わず入門できたそうです。

どれだけ優秀とされてきた人でも、入門時は10段階の無級から始まり、毎月公表される成績表をもとに進級が決まり、全国から集まった学習者が互いに切磋琢磨する環境があったようです。

教科

月旦評

これをみて、清涼院流水さんが主催する社会人英語部の環境を思い浮かべ、感慨に浸りました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

りゅうさん、オフ会は「動の旅」でしたが次の日からは「静」で思索の旅でよかったですね(笑)

一緒に旅ができてよかったですわ♪これもひとえに、DEANさんのおかげですが(爆) 主催というより、「声掛けしたのみ」ていうやつです(笑)

週末の英語部役員会議がんばってください♪
流水さんによろしく(爆)「関西で一度会いましょう」とお伝えください(爆)

ありがとうございます

大阪の主婦さん

コメントありがとうございます。

言い出す人がいないことには、博多オフ会のような大きな企画は動きません。

主婦さん、男子大学生にもモテモテでしたね。

実は、月曜日も「動」でして、陽に当たり過ぎて火傷状態です。

また大阪メンバーで集まりましょうね。

英語部のイベントでも主婦さんのことを宣伝しておきますね。
プロフィール

りゅう

Author:りゅう
皆さん、こんにちは!
50歳の誕生日を機にブログを始めました。
もともと英語が苦手で嫌いでしたが、転職を機に2007年から3年ほど独学で英語学習を行い、TOEICの自己ベストは785点でした。さらに転職して2年半のブランクの後、2012年10月から英語学習を再開しましたがスコアは680点まで落ちていました。その落ち込みにショックを受けて月100時間は勉強し、2013年1月の公開テストで820点、5月のTOEIC公開テストで905点を取得しました。その後、発信力をつけるため英語学校FORWARDにも通いスピーチの暗唱や英語劇などやりましたが、パズル性とゲーム性のあるTOEICが好きで、TOEICに回帰しています。自己ベストは945点です。そして今はTOEFL学習をきっかけに、自然科学の大学生向けテキストを読み進めています。2016年11月から時事英語学校にも通い始めました。
仕事では全く英語を使いませんが、リーディング中心に英語を使って、様々な知識を蓄え学習し、教養ある人物になることを目指しています。
なお、このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR