ブラック企業にて

早いもので、ブラック企業へ転職して2ヶ月が経過しました。

部長の復帰は難しく、昨年の業務を知らないメンバーだけで、昨年以上の業務を行うことが確定しています。

調べてみると、社長は自己愛性パーソナリティ障害の典型のように思えます。

モラルに欠け、現実が見えない人で、自分の力で物事はなんとでもなると考えています。

自分に意見したり、反発しそうな社員を排除して辞めさせてきたため、裸の王様になっています。

社員が辞めすぎて支障が出ているため、以前に比べてパワハラを抑えているのが、目に見えてわかります。

設立2年の10名足らずの会社で、設立からのメンバーは親会社から出向している社長のみです。

社長以外は全員プロパー社員で最長在籍期間1年、半数が入社3ヶ月以内の体制です。

事業が失敗した時点で、社長だけ親会社に戻るのではないかと社員は疑心暗鬼になっています。

近い将来、私がコンプライアンス面で社長と衝突することが予期されますが、その際は徹底的にパワハラ攻撃を受けることでしょう。

ニッチな業界で少人数の会社が大多数なのですが、社員数が20名以上、社歴が5年以上あるような会社を選ぶべきでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りゅう

Author:りゅう
皆さん、こんにちは!
50歳の誕生日を機にブログを始めました。
もともと英語が苦手で嫌いでしたが、転職を機に2007年から3年ほど独学で英語学習を行い、TOEICの自己ベストは785点でした。さらに転職して2年半のブランクの後、2012年10月から英語学習を再開しましたがスコアは680点まで落ちていました。その落ち込みにショックを受けて月100時間は勉強し、2013年1月の公開テストで820点、5月のTOEIC公開テストで905点を取得しました。その後、発信力をつけるため英語学校FORWARDにも通いスピーチの暗唱や英語劇などやりましたが、パズル性とゲーム性のあるTOEICが好きで、TOEICに回帰しています。2017年4月の公開テストで自己ベストを更新し、自己ベストは955点です。そして今はTOEFL学習をきっかけに、自然科学の大学生向けテキストを読み進めています。2016年11月から時事英語学校にも通い始めました。2017年4月から放送大学に入学し、自然科学全般を再学習しています。
仕事では全く英語を使いませんが、リーディング中心に英語を使って幅広く学習し、様々な知識を蓄え、教養ある人物になることを目指しています。
なお、このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR