英文に触れる

今まで仕事で全く英語を使ったことがなく、触れる機会もないことから、趣味の英語学習でなるべく英文に触れるように心がけています。

考えてみると、大学受験用の参考書を学習しても、英文よりも和文が多いことに気付かされます。大学入試で英文和訳や英作文が求められている以上、和文という補助輪が必要なのでしょうが。

最近は英字新聞を購読したり、TOEFLの学習を行うことで英文に接する機会を増やしています。

TOEFL学習では韓国本であるもののハングルなしで全て英文で書かれてある「TOEFL MAP」シリーズが大のお気に入りです。ハングルプラスでBasic、Intermediate、Advancedと全12冊手に入れました。全てこなすまで1年はかかりそうですが頑張ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お世話になっております

某 Club ではお世話になっております。a cat です。

私も来年こそは TOEFL 受けたいのですが、
12冊の内容や感想を、教えていただけたらうれしいです。
とくに Basic、Intermediate について、気になっています。

Re: お世話になっております

a catさん

こちらこそ、お世話になっています。
TOEFL MAPですが、少なくともリーディングについてはBasicをやる必要はないと思います。
英文が短いうえに、本数自体少ないです。Advancedの6割程度です。私は主にリスニング素材として使っています。
Intermediateもa catさんのレベルだと必要がないかも知れませんが、多数の英文に触れて、背景知識を得るには有用です。
他の3技能につきましては、私の場合、発信力が弱いためBasicをやって損しているという気持ちはありません。
なお問題のレベルは、それぞれBasicが60~70点、Intermediateが80~90点を目指すレベルのようです。

ありがとうございます

ありがとうございます! よさそうな感じですね。

私はやさしいものから取り組むのが好きで、TOEIC を受けたときには、『公式プラクティス リスニング編』のひたすら音読とか、『初心者特急 読解編』の精読とかをやっていました。英検1級を受けたときも、2級とか3級から、完璧にできるようにしていきました。

また、とある日本の出版社の TOEFL の問題集を買ったら、解答に納得できなかったり、どうも合わなくて放置しております……。やはり、韓国本のほうが質が高そうですね。
プロフィール

りゅう

Author:りゅう
皆さん、こんにちは!
50歳の誕生日を機にブログを始めました。
もともと英語が苦手で嫌いでしたが、転職を機に2007年から3年ほど独学で英語学習を行い、TOEICの自己ベストは785点でした。さらに転職して2年半のブランクの後、2012年10月から英語学習を再開しましたがスコアは680点まで落ちていました。その落ち込みにショックを受けて月100時間は勉強し、2013年1月の公開テストで820点、5月のTOEIC公開テストで905点を取得しました。その後、発信力をつけるため英語学校FORWARDにも通いスピーチの暗唱や英語劇などやりましたが、パズル性とゲーム性のあるTOEICが好きで、TOEICに回帰しています。自己ベストは945点です。そして今はTOEFL学習をきっかけに、自然科学の大学生向けテキストを読み進めています。2016年11月から時事英語学校にも通い始めました。
仕事では全く英語を使いませんが、リーディング中心に英語を使って、様々な知識を蓄え学習し、教養ある人物になることを目指しています。
なお、このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR