TOEIC Part7が好きになるための秘訣

最近、勉強会後の懇親会等で皆さんによく話をしていることがあります。

それは、TOEICの各Partの中でもPart7が好きになったということです。

私も700点台の頃までは、Part7が嫌いで学習を避けてきました。

それが、800点台になると、苦手意識はないのだけど好きでもないという状態になり、900点台が安定してきた現在では、はっきり好きと言えます。

TOEICの点数が低いうちは、語彙力、構文力ともに足りず、普通に解いていたのでは必ず塗り絵になります。

そして、塗り絵の恐怖から、設問を読んだ後、本文中からキーワードを探してその周辺を読むだけで終了時間を迎えてしまいます。

そんなことでは、機械的に解いているだけで、本文の内容を味わう余裕がなく、楽しいわけがありません。

そして、何事も楽しいと感じないことは長続きしません。

最近の私のこだわりとして、本試験でも模試でも本文を最初から最後まで全て読み込んでから、設問を解くというのがあります。

最初に設問を見ていないので、本文のどこが問われるかわかりません。

その反面、予断を排除して、本文全てに集中できます。そして徐々にリテンション力が備わってきます。

そうなってくるとプラスのサイクルが回り始めます。

試験の点数だけを考えると効率的に解くためのテクニックが重要ですが本文を全て読んで理解することによって達成感を味わうことが、Part7が好きになるための秘訣のような気がします。

ただし、そのためには日々の語彙力、構文読解力の強化が必要です。

私も、もっとPart7が楽しく読めるように、日々の学習を継続していきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

C2プロジェクトに参加しておりますRoberts(50代 男子)と申します。

僕も、PART7は好きです!

文書全体を読み、自分なりにストーリーを把握してから、問題を解く。
そのための、語彙・文法・読解力、と思えるようになってから、PART7はとても楽しいです。

今後も、よろしくお願いいたします。




Re: こんばんは!

Robertsさん

コメントありがとうございます!
和文でもそうですが、読めることが実感できるようになると、楽しくなりますね。
C2プロジェクトは参加者が増えましたね。
このままでは埋没してしまいそうです。

かくありたい

こんにちは。
私はRパートのスコアが完全に頭打ち状態です。
現在はP5対策をして,基礎的な弱点を洗い出している最中です。
P5に自信が持てるようになったら,P7をサクサク解けるようにしたいと思っています。
そしたら気持ち良いでしょうねえ〜〜

まだまだ先は長いですが,地道に頑張っていきます。

Re: かくありたい

Timさん

コメントありがとうございます!
私もPart5は苦手なところがあります。
ただ、Part7をしっかりやればPart5も伸びると考えています。
その逆もありだと思います。

プロフィール

りゅう

Author:りゅう
皆さん、こんにちは!
50歳の誕生日を機にブログを始めました。
もともと英語が苦手で嫌いでしたが、転職を機に2007年から3年ほど独学で英語学習を行い、TOEICの自己ベストは785点でした。さらに転職して2年半のブランクの後、2012年10月から英語学習を再開しましたがスコアは680点まで落ちていました。その落ち込みにショックを受けて月100時間は勉強し、2013年1月の公開テストで820点、5月のTOEIC公開テストで905点を取得しました。その後、発信力をつけるため英語学校FORWARDにも通いスピーチの暗唱や英語劇などやりましたが、パズル性とゲーム性のあるTOEICが好きで、TOEICに回帰しています。2017年4月の公開テストで自己ベストを更新し、自己ベストは955点です。そして今はTOEFL学習をきっかけに、自然科学の大学生向けテキストを読み進めています。2016年11月から時事英語学校にも通い始めました。2017年4月から放送大学に入学し、自然科学全般を再学習しています。
仕事では全く英語を使いませんが、リーディング中心に英語を使って幅広く学習し、様々な知識を蓄え、教養ある人物になることを目指しています。
なお、このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR