勉強会の解説の補足・訂正

昨日、Poohさん主催のTOEIC勉強会にてリーディングの解説をさせていただきました。

公式実戦TEST5について、解説しているなかで、参加者の皆さんからご意見をいただいた箇所について、簡単ながら補足・訂正します。

以下のPart5の問題になります。

問126
解説では、本問は受動態の分詞構文の問題で、通常の文から分詞構文へ表現する過程を以下のように説明しました。

通常の文  As the operations manager had been impressed by the product demonstration last week,~
分詞構文1 Having been impressed by the product demonstration last week,~
分詞構文2 (Impressed) by the product demonstration last week,~

ここでは大過去を表現するために、通常の文に過去完了形を用いています。

勉強会の中では、last week という表現があり、コンマの前後での話の前後関係が明らかなので大過去を使う必要がないのではという意見がありました。
この場合、通常の文に過去時制を用いて以下のようになります。

通常の文  As the operations manager was impressed by the product demonstration last week,~
分詞構文1 Being impressed by the product demonstration last week,~
分詞構文2 (Impressed) by the product demonstration last week,~

前後関係が明らかな場合、大過去が使われないことが一般的なことやlast week という過去時制特有の表現が用いられていることから、後者が妥当と考えます。ですので訂正します。

最終的な答えは同じですが、そこに至る過程が重要だと考えます。

問130
解説では、本問は動作の連続を表す分詞構文の問題で、通常の文から分詞構文へ表現する過程を以下のように説明しました。

通常の文  ~, and it left some residents without electricity.
分詞構文  ~,(leaving) some residents without electricity.

勉強会の中では、it は何を示しているのか?コンマより前の節全体なのか?コンマより前の節の主語なのか?との質問がありました。

本問では文脈から、コンマより前の節全体を示す it が必要と考えます。

問135
解説では、文中のenough を根拠にto 不定詞が正解と説明しました。

通例、形容詞enoughは名詞 + enough to do の形で用いられますが、本問ではenough + 名詞 + to do という語順になっており、enoughが修飾する名詞の位置が異なっています。

前者の例が多いものですから、つい、enough to と熟語感覚で覚えてしまいがちですが、後者の例もあるということを念頭に置きたいと思います。

以上、説明不足、気になった点をまとめてみました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りゅう

Author:りゅう
皆さん、こんにちは!
50歳の誕生日を機にブログを始めました。
もともと英語が苦手で嫌いでしたが、転職を機に2007年から3年ほど独学で英語学習を行い、TOEICの自己ベストは785点でした。さらに転職して2年半のブランクの後、2012年10月から英語学習を再開しましたがスコアは680点まで落ちていました。その落ち込みにショックを受けて月100時間は勉強し、2013年1月の公開テストで820点、5月のTOEIC公開テストで905点を取得しました。その後、発信力をつけるため英語学校FORWARDにも通いスピーチの暗唱や英語劇などやりましたが、パズル性とゲーム性のあるTOEICが好きで、TOEICに回帰しています。2017年4月の公開テストで自己ベストを更新し、自己ベストは955点です。そして今はTOEFL学習をきっかけに、自然科学の大学生向けテキストを読み進めています。2016年11月から時事英語学校にも通い始めました。2017年4月から放送大学に入学し、自然科学全般を再学習しています。
仕事では全く英語を使いませんが、リーディング中心に英語を使って幅広く学習し、様々な知識を蓄え、教養ある人物になることを目指しています。
なお、このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR