パート1・2特急のその後

解き始めた「パート1・2特急」ですが、慣れもあって、2倍速でも問題なく解けるようになりました。

前倒しで続編の「パート1・2特急Ⅱ」に取り込もうと思います。

様々なパターンに対応すべく、頭を柔軟にする必要がありますね。
スポンサーサイト

パート1・2特急

TOEIC学習のなかでは、Part1、2、5をどちらかと言えば避けてきました。

単に素材が短いため興味が沸かないという理由です。

ですが、950点を取るためにはそうも言ってられません。

Part5は「パート5特急」や「文法特急」でそれなりにこなしましたので、残るはPart1、2です。

そこで、昔購入したものの手を付けていなかった「パート1・2特急」をやってみました。

200問中32問も間違えてしまいました。

これではリスニング満点にほど遠いです。

4年前の問題集ですので、Part2は1.5倍速程度で全問難なく解けるように耳を慣らしていきたいと思います。

1週間後には「パート1・2特急Ⅱ」をやってみます。

読解特急リスニングの効果

ここ1ヶ月くらいですが、Part3、4のリスニング素材に替えて、通勤時間や昼休み中に読解特急シリーズの音声を聴いています。

とりわけ、「読解特急4 ビジネス文書編」を1.5倍速で聴いています。

オリジナル音声を1.5倍速にすると、1分間に200ワード程度になり、このスピードが維持できれば、TOEICのリーディングは余裕になりますし、リスニングにも十分対応できます。

1ヶ月程度継続した効果ですが、読解特急4にある30セットについては、文字を見ず1.5倍速の音声だけでほぼ一言一句聴き取れるようになりました。

リーディングでは初見の文章で1分間に150ワード程度、本番のリスニングでは最近早くなったと言われているPart3、4について若干余裕を持って聴き取れる感じです。

リーディングの文章を早めの音声で聴くのは予想以上の効果があるように思います。

初見の文章で1分間に200ワードが目標ですが、これには時間がかかりそうです。


メンタルの弱さと確固たる自信

昨日受験したTOEICでは、情けないことにPart2の1問を塗り忘れ、5問程度マークずれを起こしてしまいました。

この原因はただ一つ。

Part1で同じ記号が3つ続いたことに気持ちが動揺したためです。

3つのうち、一つに自信が持てず、Part2に入った後も修正すべきか迷ってしまい、1問塗り忘れたのです。

十分な実力に裏打ちされた確固たる自信があれば、こんなことは生じませんでした。

また、メンタルが強ければ、後に引きずることもなかったことでしょう。

結局のところ、もっと学習して、実力をつけて、自信を持つしかありません。

今回の失態は大変勉強になりました。

第215回TOEIC公開テスト受験

本日、TOEIC公開テストを受験しました。

受験された皆さま、お疲れ様でした。

私が受験したフォームのPart1では、以下のような描写がありました。

男性とペットボトル
男性と商品
男性とカート
女性と掲示板
高層ビルと公園
棚と植物

試験の主観的な難易度は以下のようなものです。

Part1 やや難
Part2 普通
Part3 普通  
Part4 普通
Part5 普通
Part6 やや難 
Part7 普通

今回もリスニング、リーディングともに設問・選択肢の先読みはしていません。

Part2でマークズレを行ってしまい、修正する間の数問集中力が保てませんでした。

所要時間はPart5で10分、6で11分、7で53分でした。

今回も残り1分でした。

リスニング460点前後、リーディング460点前後と予想します。

なんと、お隣が知り合いの美人英語講師の方でした。こんな偶然もあるものですね。

第214回TOEIC公開テストの結果

遅くなりましたが、10月に受験したTOEIC公開テストの結果です。

910(L450、R460)となんとか900点台に復帰しました。

201610

受験直後の感触とほぼ同じでした。

最近、リーディング中心に学習しているので、次回いい結果が残せるといいのですが。

時事英語学校

東京出張の後、体調不良が続いていますが、本日、時事英語学校の初日でした。

クラスは私を含めて7名で、振替があるので若干変動するようです。

皆さん例文を暗唱できるくらいに予習されているうえに、時事英語のリスニングにも慣れているようでした。

間違って上のクラスに行かなくて正解だったかも知れません。

週に一度ですので、ペースメーカーとして通学しようと思います。

時事英語

本日、茅ヶ崎方式という時事英語学校の体験レッスンを受けてきました。

クラスは5段階あるのですが、上の二つのクラスは内部進級のみです。

そこで真ん中のクラスを目指したのですが、認定はその下のクラスでした。

我ながら情けないことですが、そのクラスでしばらくやってみようと思います。

東京のような模試会がほとんどない大阪では、学校に入ることも有用だと思います。

海外での仕事

最近、職場では海外の仕事話で盛り上がっています。

親会社が海外に持っている不動産の証券化の話です。

日本の不動産だけでは限界がありますので、自然な流れだと思います。

実は、今の職場は十数人の零細規模ですが、若手は海外の学校を出ていたり、毎週のように英会話を習ったりで、ポテンシャルはあります。

上司の部長は外資系でバリバリ働いていた人ですし。

そのようなわけで、CFAのテキストを少し読み進めました。

TOEIC学習のおかげでしょうか、スラスラと読める自分に驚いています。

プロフィール

Author:りゅう
皆さん、こんにちは!
50歳の誕生日を機にブログを始めました。
もともと英語が苦手で嫌いでしたが、転職を機に2007年から3年ほど独学で英語学習を行い、TOEICの自己ベストは785点でした。さらに転職して2年半のブランクの後、2012年10月から英語学習を再開しましたがスコアは680点まで落ちていました。その落ち込みにショックを受けて月100時間は勉強し、2013年1月の公開テストで820点、5月のTOEIC公開テストで905点を取得しました。その後、発信力をつけるため英語学校FORWARDにも通いスピーチの暗唱や英語劇などやりましたが、パズル性とゲーム性のあるTOEICが好きで、TOEICに回帰しています。自己ベストは945点です。そして今はTOEFL学習をきっかけに、自然科学の大学生向けテキストを読み進めています。2016年11月から時事英語学校にも通い始めました。
仕事では全く英語を使いませんが、リーディング中心に英語を使って、様々な知識を蓄え学習し、教養ある人物になることを目指しています。
なお、このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR