自分なりの型

TOEIC受験を再開して丁度3年になりますが、ようやく自分なりの型を持てるようになったと思います。

リーディングにおいては、Part7で本文を全て通読(精読)してから、設問・選択肢へと移る

1年くらい前からこの方法を継続することにより、リーディング、とりわけPart7の点数が400点台半ば以上で安定するようになりました。
視点の移動が少ないので、集中力が途切れず、リテンション力がつくようになりました。
とりわけ、NOT問題では、明らかに間違っている選択肢を瞬時に選ぶことができるので、威力を発揮します。

リスニングにおいては、Part3、Part4で極力先読みをしない

1ヶ月ほど前から模試で試したところ、必死に先読みしていたころと比べて、点数は同じか若干良くなりました。
全く先読みをしないわけではなく、日付、曜日、時間、人名等の固有名詞に関係するところだけは軽く目を通しています。
それでも、精神的にも時間的にも余裕ができ、音声をしっかり集中して味わうことができるようになりました。
本試験でこの方法を試したのは今回が初めてですので、結果が楽しみです。
少し前に数週間だけTOEFL学習にハマっていましたが、TOEFLのリスニングでは先読みが物理的にできないようになっていて、3分から6分程度の音声を聴き終えてから問題を解きます。
どうもこの試験形式が私に合っていたようで、ほとんど間違えませんでした。
それにヒントを得て、極力先読みをしない方法をとるようにしました。

もちろん、型は人それぞれで、向き不向きもあることでしょう。
私の場合、この型で最後まで行くことになりそうな気がしています。

なぜなら、私にとってこの方法こそが純粋にTOEICの英文と音声とを楽しむことができるものだからです。

それに、なんと言っても一番シンプルですし。
スポンサーサイト

第204回TOEIC公開テスト受験

昨日、第204回TOEIC公開テストを受験してきました。

受験された皆さん、お疲れ様でした!

今回は久しぶりにホームの国際展示場前でした。

フォームはA面がピンクのいわゆるメジャーでした。

試験の主観的な難易度は以下のようなものです。

Part1 易
Part2 やや易
Part3 普通  
Part4 普通 
Part5 普通 
Part6 普通 
Part7 難

リスニングはここ数回のうちでは一番いい出来です。時間、曜日、固有名詞を除いて先読みはしませんでした。
従来ですと、先読みを優先するあまり、本文の音声終了を待たずに次の設問・選択肢に目が行っていましたが、音声を最後まで落ち着いて聞くことにより、内容自体を楽しむことができました。試験であってもどうせなら楽しまないと損です。

リーディングは前回のマイナーフォーム同様、Part7の文章量に全文読みが追いつきませんでした。設問・選択肢も難しかったです。最初の短いセットであっても、選択肢が巧妙に作られていて、正解したつもりが実は不正解というパターンでした。

あと3分あれば最後まで精度の高い読み込みができたかと思うと非常に残念です。今回のマイナーフォームは難しくなかったようで、自分の不運を呪いたくなります。

リスニング480点前後、リーディング450点前後と予想します。

TOEIC勉強会 シーズン4 テスト5に参加

本日、Poohさん主催のTOEIC勉強会に参加しました。

解説を担当していただいた、とらひこさん、どうもありがとうございました!

シーズン4ではパゴダ1という韓国模試を用いていて、今回はテスト5を解いてきました。

結果は、リスニング89、リーディング97(Part1 9/10,Part2 28/30,Part3 26/30, Part4 26/30,Part5 37/40,Part6 12/12,Part7 48/48)でした。

リスニングは、今回も、先読みを全くしない方法をとりました。先読みしてもさほど変わらなかったと思います。しかし、全く先読みしないと、手持無沙汰です。それでも、明日の本番はこれでいきます。

リーディングは、嬉しいことに、Part6、Part7で全問正解でした。Part6までを20分で解いたのが勝因と思われます。Part7で55分あると全く違いますね。
結果的に2分余りましたが、見直しは一切しませんでした。Part5以外には絶対的な自信があったからです。
いつものように本文を全部精読してから設問・選択肢に移りましたが、本文を読んでいる間に、ここが問われるだろうなと思ったところが、ことごとく問題にからんでいました。
おそらく今回は問題が易しかったのでしょうが、ここまで気持ちよく解けると至上の喜びを感じます。

この心地よさを抱きながら、明日は全力を尽くして試験に臨みます。

第1回英検コンペに参加(C2プロジェクト)

ブロガーの英語教師さんが提唱するC2プロジェクトなるものに参加しているのですが、このたび、第1回英検コンペが開催されました。

英検1級のうちライティングを除く1次試験の点数を皆で競おうというものです満点は、リーディング51点、リスニング34点の計85点になります。ありがたいことに、本試験受験者だけでなく、自宅受験も可能なシステムでした。

もともと英語が苦手で嫌いだったことから、英検とは無縁の生活を送ってきましたが、このようなお祭りは大好きなので、英検の試験形式も知らないまま参加しました。

事前に各自目標点数を申告するのですが、私は無謀にも目標点65点としていたところ、結果は53点でした。

Part別にみると、こんな感じです。
リーディング(27/51)
Part1 7/25
Part2 6/6
Part3 14/20

リスニング(26/34)
Part1 9/10
Part2 9/10
Part3 6/10
Part4 2/4

リーディングではPart1の語彙問題、リスニングではPart4のインタビュー問題が壊滅的でした。

今回のコンペに際して、私なりのこだわりがありました。
それはリーディングでは全文読みを行い、リスニングでは一切先読みしないというものです。それに加えて英検では許容されている書き取りも行いませんでした。
これは、リーディングにおいては文章を隅から隅まで味わい、リスニングでは音だけに集中して問題を解くというものです。

C2プロジェクトに参加したことで、TOEFLが好きになり、英検にも興味が湧いてきました。語彙とライティングを強化すれば、1次は数ヶ月でもなんとかなるような気がします。

TOEIC勉強会 シーズン4 テスト4に参加

昨日、Poohさん主催のTOEIC勉強会に参加しました。

そして、今回は私が解説を担当させていただきました。

シーズン4ではパゴダ1という韓国模試を用いていて、今回はテスト4を解いてきました。

結果はリスニング87、リーディング91(Part1 8/10,Part2 24/30,Part3 29/30, Part4 26/30,Part5 37/40,Part6 10/12,Part7 44/48)でした。

リスニングは、今回、先読みを全くしない方法を試してみました。私にはこちらの方が向いているようです。ただし、細かい時刻や日付を問う問題を間違えましたので、次回から数字や日付だけは先読みしようと考えています。

リーディングは、解説担当だったので事前に解きました。体調が悪かったこともあり、こんなので解説を担当していいのというような出来でした。

解説ではできる限りの準備を行ったつもりでしたが、解答に関係しないところで質問を受けると、なかなか即答できないですね。答えが出なかった箇所については、引き続き調べて後日報告します。

最後に、昨日、つたない解説に長時間付き合っていただきました勉強会の皆様、どうもありがとうございました。Part5部分の解説レジュメは、近々、Poohさんに送りますので、ご希望の方はPoohさん経由でいただいてくださいね。

心機一転 TOEIC勉

昨日から体調を崩して、横になりながら英語学習を行っていました。

土曜日に解説を担当するTOEIC模試の範囲を重点的にやっていました。

そこでつくづく考えてみるに、昨年末に自己ベストを更新してからというもの、鳴かず飛ばずの自分がいます。

2年半ほど前に短期間で900点オーバーに至った際には、今と違って勢いがありました。アメフトで言うとモメンタムがありました。

とりわけここ3週間、TOEFL学習が楽しくなってしまい、TOEIC学習がおろそかになってしまった点は否めません。

そこで、初心に立ち戻り、11月の試験に向けてTOEIC中心の学習を行うことに決めました。

10月の公開テストで950点、11月の公開テストで970点を目指します。

自分の弱点はほぼ見えています。ですので、集中して実行するだけです。

英文に触れる

今まで仕事で全く英語を使ったことがなく、触れる機会もないことから、趣味の英語学習でなるべく英文に触れるように心がけています。

考えてみると、大学受験用の参考書を学習しても、英文よりも和文が多いことに気付かされます。大学入試で英文和訳や英作文が求められている以上、和文という補助輪が必要なのでしょうが。

最近は英字新聞を購読したり、TOEFLの学習を行うことで英文に接する機会を増やしています。

TOEFL学習では韓国本であるもののハングルなしで全て英文で書かれてある「TOEFL MAP」シリーズが大のお気に入りです。ハングルプラスでBasic、Intermediate、Advancedと全12冊手に入れました。全てこなすまで1年はかかりそうですが頑張ります。

9月の公開テストの結果

9月に受験したTOEIC公開テストの結果が出ました。

925(L455、R470)と、直後の予想の範囲内でした。あまり面白みがありません。

リスニングはなかなか高いところで安定しません。
最近模試を解いていて思うのは、先読みを優先するあまりに、肝心の音声をしっかり聞いていないということです。
これでは本末転倒なので、TOEFLのように先読みしない解き方を試してみます。

リーディングはかなりいいところで安定してきました。
Part7はしっかり読めるようになってきたので、今後はPart5の精度を上げる必要があります。

201509

2015年の英語学習時間累計1,093時間
(2013年4月15日からの累計3,552時間)
2015年1月の英語学習時間累計111.5時間
2015年2月の英語学習時間累計110時間
2015年3月の英語学習時間累計95時間
2015年4月の英語学習時間累計96.5時間
2015年5月の英語学習時間累計132.5時間
2015年6月の英語学習時間累計143.5時間
2015年7月の英語学習時間累計139.5時間
2015年8月の英語学習時間累計109.5時間
2015年9月の英語学習時間累計138時間

TOEIC勉強会 シーズン4 テスト3に参加

本日、Poohさん主催のTOEIC勉強会に参加しました。

Tomoさん、わかりやすい解説をしていただきありがとうございました。

シーズン4ではパゴダ1という韓国模試を用いていて、今回はテスト3を解いてきました。

結果は、リスニング79、リーディング95(Part1 8/10,Part2 24/30,Part3 23/30, Part4 24/30,Part5 38/40,Part6 11/12,Part7 46/48)でした。

リスニングは万遍なく悪い出来です。久しぶりに8割を切りました。原因はここ2週間TOEICのリスニングから離れていたからでしょう。

リーディングは今回もPart7での全問正解を目指しましたが、どうしても1セット理解が不十分に終わりました。

このところTOEFLの学習がメインになっていますが、楽しいと思えることでないと続かないので、このまま継続します。
TOEFLの学習を行っていると、昔に習った「白色矮星」や「富栄養化の問題」等出てきて楽しいです。TOEFL学習を通じて教養を高めていこうと思います。
現在使っている教材「TOEFL MAP Reading」は素晴らしいの一言です。問題を解いた後は、音声ファイルを何度も聴いています。
プロフィール

りゅう

Author:りゅう
皆さん、こんにちは!
50歳の誕生日を機にブログを始めました。
もともと英語が苦手で嫌いでしたが、転職を機に2007年から3年ほど独学で英語学習を行い、TOEICの自己ベストは785点でした。さらに転職して2年半のブランクの後、2012年10月から英語学習を再開しましたがスコアは680点まで落ちていました。その落ち込みにショックを受けて月100時間は勉強し、2013年1月の公開テストで820点、5月のTOEIC公開テストで905点を取得しました。その後、発信力をつけるため英語学校FORWARDにも通いスピーチの暗唱や英語劇などやりましたが、パズル性とゲーム性のあるTOEICが好きで、TOEICに回帰しています。自己ベストは945点です。そして今はTOEFL学習をきっかけに、自然科学の大学生向けテキストを読み進めています。2016年11月から時事英語学校にも通い始めました。
仕事では全く英語を使いませんが、リーディング中心に英語を使って、様々な知識を蓄え学習し、教養ある人物になることを目指しています。
なお、このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR