知名度上昇

業界の機関誌上に職場の金融商品を紹介する機会があり、4月に原稿を提出していました。

今週、10年ほど音信不通だった人から職場に電話があり、機関誌の記事を見かけて電話したとのことでした。

その翌日には取引先の金融機関の方が来られたのですが、用件の最後にご担当から記事のコピーをいただきました。

狭い業界なのですが、業界人の多くが目にする媒体に顔出し、名前出しするのはかなりのインパクトがあるのだなと感じました。

スポンサーサイト

成功と挫折

連休最終日ですが、今までの成功体験と挫折の日々を振り返ってみました。

10代
大学受験浪人時に初めて真剣に勉強し、予備校の模試(8月)でダントツのトップ(ただし2千人規模で3教科)を取る→慢心し予備校に通わなくなり、それなりの大学に落ち着く

20代
大学3回生で公務員試験に合格→卒業後、司法試験浪人するも挫折→在学中に宅建試験に合格していたおかげで大手不動産鑑定事務所に拾われる

30代
働きながら1年間予備校に通い、2,000時間近くの学習をこなして、不動産鑑定士試験(2次)に合格→詰めが甘く3次は不合格

40代
大学院入学後、東京の不動産鑑定事務所に転職→大手銀行に転職→リーマンショックの余波でリストラ→政令市の試験に合格して転職→TOEIC学習に目覚め、900点取得

50代
民間企業に戻りたいと考えていた時に、実家の父が死去→大阪の企業(現職)に転職→いきなりブラックとわかる→半年後にホワイトへと変化→放送大学にて理系科目中心に学習中

以前の職場の上司からは波瀾万丈な生き方と言われ、現在の上司からはこんな経歴見たことがないと言われていますが、何とかやっています。

成功体験の後にはたいてい挫折を経験しているところですが、苦しいときには、楽観的ですが成功経験だけを糧にして乗り切ってきました。

これから先、ますます波瀾万丈な生活を送るだろうと考えると、ワクワクした気持ちになります。

最近考えること

最近、生命や宇宙の起源について関心が高まり、少しずつですが和書と洋書を読み進めています。

それに加えて、放送大学で医療系の学習を行うにつれて、人体の神秘に感心する日々を送っています。

現在、自分が人間という生命体として暮らしていることの不思議さを感じるとともに、死後、エネルギーを得て生命体になる可能性は限りなく低いことでしょう。

ただし、死後も埃や岩石のような無機物として永久に存在する可能性が高く、他の生命体に取り込まれて細胞の一部になるかも知れません。

そう考えると、必要以上に死を恐れる必要はありませんし、現在の人間の姿に感謝し、精一杯、自分の人生を生きようとという気持ちになれます。

とりとめもないことですが、自分なりの死生観を考えるようになりました。

現在、彷徨い中

おかしなタイトルですが、現在の心境です。

私は元来、集中力はあるのですが、飽きっぽいところがあります。

英語学習が毎日5年間も継続出来ていることは驚くべきことです。

ただし、自分なりに工夫をして、毎日素材を変えたり、記録をつけることで、何とかやってきたところがあります。

現在は英語学習から自然科学全般へと関心が移り、日々の学習時間にもそのことが反映されています。

自然科学と言っても、数学、物理のような基礎的な学問から、工学、医学のような応用分野を扱うもの、さらには、環境問題のように社会科学とも関係が深いもの等様々です。

今は毎日様々な領域に触れて、今後の自分の進むべき道、コアとなる部分を見つける旅に出て、いわば世界を彷徨っている状況です。

そして、場合によっては死を迎えるまで、彷徨い歩くのかも知れません。

年齢は50代半ばですが、飽くなき好奇心は少年のままでいます。

最近の関心事

最近、4月開講の放送大学の講義に向けて予習を行なっています。

とりわけ、天文学関係は面白く感じます。

今でもオリオン座に魅入られた小学生の頃の気持ちが残っているのかも知れません。

天文学はもちろんのこと、化学や生物学も興味深く思っています。

まだ先の話ですが、卒業研究や大学院進学を考えると、進路を絞る必要がありますが、なかなか絞りきれません。

ですが、よく調べると、宇宙化学や宇宙生物学という研究分野があるのですね。

そこで、今はこれらの分野の情報収集中です。

とある大学院の入試問題を見ると、高度な数学や物理が出題され、全く解けそうにありません。

これくらい朝飯前で解けるような秀才しか要りませんというメッセージかもしれません。

前途多難ではありますが、学習を継続します。
プロフィール

りゅう

Author:りゅう
皆さん、こんにちは!
50歳の誕生日を機にブログを始めました。
もともと英語が苦手で嫌いでしたが、転職を機に2007年から3年ほど独学で英語学習を行い、TOEICの自己ベストは785点でした。さらに転職して2年半のブランクの後、2012年10月から英語学習を再開しましたがスコアは680点まで落ちていました。その落ち込みにショックを受けて月100時間は勉強し、2013年1月の公開テストで820点、5月のTOEIC公開テストで905点を取得しました。その後、発信力をつけるため英語学校FORWARDにも通いスピーチの暗唱や英語劇などやりましたが、パズル性とゲーム性のあるTOEICが好きです。2017年12月の公開テストで自己ベストを更新し、自己ベストは965点です。
2017年4月から放送大学に入学し、自然科学全般を再学習しています。
仕事では全く英語を使いませんが、リーディング中心に英語を使って幅広く学習し、様々な知識を蓄え、教養ある人物になることを目指しています。
いずれ理系の大学院で研究して、新たな発見などしてみたいものです。
なお、このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR