第226回TOEIC公開テストの結果

12月に受験したTOEIC公開テストの結果です。

965(L480、R485)
と、8ヶ月ぶりに自己ベストを更新しました。

201712

リーディングも自己ベストですので、大変嬉しく思います。

この点数は個人的に大変意義深いものがあります。

5年ほど前にTOEIC学習を再開した際に目標にしたのが、ある帰国子女が取得していた960点でした。

ようやく並んだと言えるでしょう。

また、英語を教えているでもなく、仕事でも全く英語を使った経験のない完全なアマチュア社会人としては、よくやったと言えるのではないでしょうか。

しばらくTOEIC学習から離れていましたが、2月に入りましたら、韓国で出版された過去問といわれる問題集をやりこみ、3月の公開テストに備えようと思います。

それまでは、放送大学の期末試験優先です。

とりわけ化学が楽しくなってきました。

原子や分子レベルから宇宙まで、物質の成り立ちや構造を考えるとワクワクしてきます。

スポンサーサイト

リスニングの先読みについて

ここ2年ほど、TOEICにおいて、いわゆる先読みを行なっていませんでした。

それが、11月と12月の試験では、一部、先読みを行いました。

先読みというのは、TOEICのリスニングにおいて、Part3、Part4で音声が読み上げられる前に、設問や選択肢に目を通しておく技術で、大多数の受験者が行なっているものです。

先読みにも設問だけに目を通しておく場合と、選択肢まで行う場合がありますが、先読みをしないと決める前は選択肢まで目を通していました。

それは慌ただしく、疲れるものでした。

疲れるうえに、リスニングの試験で英文を読みまくるのは、リスニングの試験としてどうなのかという思いがあり、先読みをやめたのでした。

ところが、11月の試験では5ヶ月ぶりの試験で、リスニングが大きく崩れて900点を割る恐怖から、設問だけ先読みすることにしました。

TOEICについてはリスニングさえ行っていない状況で長らくぶりの受験を迎えたのでした。

また、先読みしない人だと感じるでしょうが、先読みしないと時間があまりにもゆっくり流れてしまい、手持ち無沙汰になってしまいます。

今回、先読みを一部復活したことで、適度に緊張感を感じるようになりました。

今後もリスニング中は音声に最大限注力しますが、緊張感を保つ程度の適度な先読みはいいのではないかと思った次第です。

積極的な先読みでなく、時間を有効に使うための消極的な先読みと言っていいでしょう。

第225回TOEIC公開テストの結果

11月に東京で受験したTOEIC公開テストの結果です。

950(L480、R470)と、まずまずの結果でした。マークミスが悔やまれます。

201711

第221回TOEIC公開テストの結果

今更ですが6月に受験したTOEIC公開テストの結果です。

945(L470、R475)と、悪くはないのですが、予想を下回りました。

201706


第226回TOEIC公開テスト受験

本日、大阪にて公開テストを受験しました。

TOEIC向けの学習は全くしていないため、返って純粋な英語力が測れるかもしれません。

会場は大阪電気通信大学で、100人程度の教室での受験です。

今回驚いたのが、欠席者の少なさでした。出席率9割近くだと思います。

リスニングは従来通りで、リーディングはPart6が難しいようでした。

Part5、6で時間をかけてしまい、Part7は54分で解きました。

リスニング470点前後、リーディング470点前後と予想します。
プロフィール

りゅう

Author:りゅう
皆さん、こんにちは!
50歳の誕生日を機にブログを始めました。
もともと英語が苦手で嫌いでしたが、転職を機に2007年から3年ほど独学で英語学習を行い、TOEICの自己ベストは785点でした。さらに転職して2年半のブランクの後、2012年10月から英語学習を再開しましたがスコアは680点まで落ちていました。その落ち込みにショックを受けて月100時間は勉強し、2013年1月の公開テストで820点、5月のTOEIC公開テストで905点を取得しました。その後、発信力をつけるため英語学校FORWARDにも通いスピーチの暗唱や英語劇などやりましたが、パズル性とゲーム性のあるTOEICが好きです。2017年12月の公開テストで自己ベストを更新し、自己ベストは965点です。
2017年4月から放送大学に入学し、自然科学全般を再学習しています。
仕事では全く英語を使いませんが、リーディング中心に英語を使って幅広く学習し、様々な知識を蓄え、教養ある人物になることを目指しています。
いずれ理系の大学院で研究して、新たな発見などしてみたいものです。
なお、このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR