fc2ブログ

通信指導課題

またしても、しばらくぶりの投稿です。

放送大学では通信指導課題という中間課題があります。原則WEBでの提出なので便利です。

出題範囲がちょうど講義の前半部分なので、いい復習の機会になります。

来週始めくらいが提出期限ですが、1週間早く提出しました。

今回は9科目と少なめですが、パーフェクトを目指した結果、実際にパーフェクトの得点を取得することができて一安心です。

今週末は学習センターの面接授業があります。山歩きができないのは残念ですが、頭を鍛えてきます。
スポンサーサイト



数学の復習

しばらくぶりのブログですが、数学の復習の続きです。

10週間ほどかけて、教科書中心に中学範囲の数学を終えて、現在、高校1年の範囲を学習しているところです。

予想通り、中学範囲では図形問題中心に不完全な理解に留まっていたものがありました。

今回のかなり徹底した総復習によって、中学範囲の数学について、少なくとも教科書レベルでの穴がなくなりました。

また、中学3年の範囲では一部参考書を参照しましたが、自力で問題を解くことで自信がつきました。

そして、現在、高校範囲の学習を行いながら、中学範囲の理解を確実にすることが、高校数学の理解への近道になることを確信しつつあります。

いわゆる進学校と呼ばれる高校への進学者は、中学数学を確実に理解しているため、入学後に少々サボった期間があっても、即座に巻き返すことができるのだろうと思います。

高校の統廃合

大阪府の公立高校の統廃合の記事を目にしました。

私が出た高校は統廃合を経験し、名前が変わってしまいました。統合の受け皿になったにも関わらず校名を変更されてしまいました。

その時ばかりは、自宅に一番近いという理由だけで当時の新設の高校を選んで失敗したと思いました。

名前が変わってしまうと、愛校心が失われてしまいます。

統廃合になるのは決まって新設校で、伝統校は卒業生の力が強いためか対象になりません。

近年、再度統合の受け皿になってしまいました。もう、名前に変更はありませんが。

私が入学した当時はそこそこの難易度の高校でしたが、今は見る影もありません。

高校時代に不満はありませんが、今になって失敗したと感じています。

成績評価

放送大学での成績が発表され、ほぼ予想通りの結果でした。

24科目中、面接授業の1つがA評価で、ほかの23科目は最高評価の○Aでした。

また、自己採点が可能な17科目中、15科目は満点で、設問数200問中198問正解でした。

成績評価よりもこちらの方が嬉しく思います。

自分は誰よりも放送大学での学びに時間を費やしてきている自負があるため、日々の学びの成果が表れたようで、単純に嬉しいです。

ただ、試験は試験でしかなく、未だ本質的な理解とはほど遠いため、これからも日々の学習を続けていきます。

数学の復習

放送大学の単位認定試験期間が終わり、今月から放送大学と英語学習に加えて、数学等を加えていきます。

とりあえず、中学数学の総復習をデジタル教科書で進めています。

エスビューアというアプリで数研出版のデジタル教科書を用いて、iPadで学習すると便利です。

現在の教科書は非常にわかりやすく、独学に向いているように感じます。

数学は中学時代のトラウマになっています。

大阪の河内地方にある出身公立中学は校内暴力が吹き荒れ、授業崩壊が日常茶飯事でした。

3年時の教科担任の先生はまともでしたが、1年、2年時の英語と数学の先生は完全になめられていて、授業崩壊が多かったです。

成績に不安を覚える家庭では、子どもを補習塾に行かせていたようです。

学校外で勉強する習慣が皆無だった私は、学習内容に穴のある状態で中学を卒業することになりました。

長年かけて、英語や数学の穴を埋めている毎日です。

プロフィール

りゅう

Author:りゅう
50歳の誕生日を機にブログを開始し、英語学習を中心に書いてきましたが、57歳になりスーパーシニアを目指すべく、ブログタイトルを変更しました。
英語学習も継続していて、TOEICの自己ベストは965点です。
2017年4月から放送大学に入学し、自然科学中心にあらゆる分野を再学習しています。
2021年4月から情報コースに再入学しました。2022年9月時点で、304科目、563単位履修しました。
2020年秋以降、月に2度は週末に山歩きを行い、夏場はシャワークライミング(沢登り)を楽しんでいます。
2022年秋以降、60代での大学、大学院再入学のために数学や英語等の受験勉強に力を注いでいきます。
なお、このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR