勉強カフェ

放送大学の試験が近づき、学習時間を確保しないといけないともがいていたところ、職場の同僚から梅田に勉強カフェなるものがあると聞きました。

それが先月の話だったのですが、フェイスブックを見ていると、勉強カフェの広告が表示され、7月いっぱいは入会金が無料ということで、水曜日に見学し、翌日には入会を決めました。

私の場合、家での学習習慣が根付いているので、自習室での学習に意味があるのかどうか半信半疑のところがありましたが、実際違いますね。

コースは敢えてモーニング会員にして、貸切状態で出勤前の早朝学習を始めました。

同じ時間学習するにしても、集中するだけに疲れます。

今日も朝から7時間ほど学習しましたが、ヘトヘトになっています。

環境を変えるのもいいですね。
スポンサーサイト

きこえーご

以前にも書きましたが、英語学習アプリの「きこえーご」はしっかり続いています。

飽きてきたと感じる頃合いに競技イベントがあり、順位にこだわる私はつい頑張ってしまいます。

TOEIC学習からは離れていますが、英語力の維持に役立っているような気がします。

コンベンションでの再会

月曜日に日帰りでコンベンションに参加しました。

大阪と東京の往復で疲れましたが、参加して良かったです。

狭い業界内だけに通用するマイナーな資格保持者が集まる、年に一度のコンベンションですが、今回は以前の職場の複数の同僚と再会することができました。8、9年ぶりになります。

著名な弁護士の講演もなかなか良かったです。


CFA

皆さんはCFAという資格をご存知でしょうか?

日本語訳では米国証券アナリストと言うそうですが、日本の証券アナリストの数倍は難しいと思います。

最近、証券会社のシニアストラテジストの肩書を持つ方が会社にいらして、その方がCFA資格を持っていました。

私も昔カリキュラムに申し込んだものの、当時の英語力では1次試験のテキストだけで数千ページある英文を読みこなすのは無理と感じて諦めました。

最新のテキストだけはKindle版で持っており、数千ページの英文に挑むのも面白いかなと考えています。

優秀な人に接すると刺激を受けます。


TOEICのリーディング

TOEICで900点以上の高得点を安定的に取得するには、リーディングの安定化が必須と感じています。

私自身、ここ2年ほど、ほぼ毎回900点を維持していますが、それはリーディングがほぼ450点以上で安定しているためだと思っています。

リスニングは当日の体調や教室の運不運に左右されるため、点数がブレやすく感じますが、リーディングはその点、実力が的確に反映されます。

さて、TOEICのリーディングで450点以上取得するキーは何でしょうか?

私はPart7の精度にあると考えています。

そして、Part7で間違いをなくすには何が必要でしょうか?

それは、リテンション力の強化と十分な時間と考えます。

リテンション力を鍛えるには、普段から設問を読まずに、本文を通読して、いったん頭の中で内容を整理したうえで設問に移り、なるべく本文に戻らずに回答することが有用でしょう。

また、Part7で十分な時間を確保するには、Part5,6で18分以内というのが一つのラインと考えます。

20分でも問題はないのですが、残り55分と考えると、全問解き終えることに意識が働き、精読に影響が出てしまいます。

残り57分あると、Part7でじっくり精読ができ、安定して450点以上取得することが可能です。
プロフィール

りゅう

Author:りゅう
皆さん、こんにちは!
50歳の誕生日を機にブログを始めました。
もともと英語が苦手で嫌いでしたが、転職を機に2007年から3年ほど独学で英語学習を行い、TOEICの自己ベストは785点でした。さらに転職して2年半のブランクの後、2012年10月から英語学習を再開しましたがスコアは680点まで落ちていました。その落ち込みにショックを受けて月100時間は勉強し、2013年1月の公開テストで820点、5月のTOEIC公開テストで905点を取得しました。その後、発信力をつけるため英語学校FORWARDにも通いスピーチの暗唱や英語劇などやりましたが、パズル性とゲーム性のあるTOEICが好きで、TOEICに回帰しています。2017年4月の公開テストで自己ベストを更新し、自己ベストは955点です。そして今はTOEFL学習をきっかけに、自然科学の大学生向けテキストを読み進めています。2016年11月から時事英語学校にも通い始めました。2017年4月から放送大学に入学し、自然科学全般を再学習しています。
仕事では全く英語を使いませんが、リーディング中心に英語を使って幅広く学習し、様々な知識を蓄え、教養ある人物になることを目指しています。
なお、このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR